×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新型ヴォクシー(VOXY)登場

トヨタのミニバン『ヴォクシー』がフルモデルチェンジ。
先代モデルのヴォクシーのデビューが2001年。
ライバルのセレナやステップワゴンが
モデルチェンジを繰り返す中でも
ヴォクシーは安定した人気を持続させてきた。
6年経って登場する『新型ヴォクシー』は
「ミニバンの“真打”」であり続けるために満を持しての登場となる。

新型ヴォクシー
は先代同様
ノアと中身が同じ兄弟車種。
販売店(ヴォクシーはネッツ店)のキャラクターに合わせて、
ヴォクシーにはクールで個性的なデザインを与え個性を際立たせている。
今回のフルモデルチェンジで標準ボディとエアロボディが設定。
エアロボディは全幅が1,720mm(標準ボディは1,695mm)となり
3ナンバーとなる。

今度のヴォクシー(VOXY)は

新型ヴォクシーは力強くシャープな面質のある表情。
エアロボディにはよりスポーティで立体感のある造形を狙い
フォグランプ内蔵の専用バンパーと張り出したホイールフレアを採用。
低重心とワイドボディが強調されている。
ボディサイドはフロントからリアへ抜けるキャラクターラインと
S字断面の豊かな曲面でボリューム感のある
スタイリシュなサイドビューに。
リアビューは安定感を感じさせる台形形状のシルエット。
リアコンビネーションランプはサイドラインまで回りこみ
ワイド感を演出。
エアロボディは外側に張り出した専用バンパーが装着。
踏ん張り感のある力強さが強調されている。
ヴォクシーノアに比べると精悍ながらも
やや細身で華奢なイメージがあったので
今回のモデルチェンジで力強さが増しました。

ヴォクシ(VOXY)ーインテリア

インテリアはヴォクシーノアとも共通デザイン。
乗る人すべての快適性を満たす
機能的で広がりのあるデザインを追求。
シンプルな中にも新鮮さが感じられ
ゆとりある室内空間を目指したデザインが施されている。
インストルメントパネルはメーターフードからアッパー部にかけ
薄い3層の立体構成が抜けのよい広がり感と先進性を感じさせる。
素材や細部にもこだわり見た目や触感からもわかる上質感を追求。
(先代ヴォクシーより高級感が増しました。)
シフトレバーは、手元に近く操作しやすいようにドライバー側に配置。グローブボックスなども効率的に配置されて
広い室内空間と豊富な収納スペースが確保されている。
(ドライバーもゆったり座れます)
ドライバーの視界確保にも配慮。
フロントピラーのガーニッシュを細くするとともに
アウターミラーは従来型のドアフレーム付けから
ドアパネル付けに変更・
左右三角窓まわりの良好な視界を確保できている。
(先代ヴォクシーに乗っててこの部分は是非改善してほしいと
思ってました)
フロントのマットランプ部には
振り返らずに後部シートの状況を確認できる「後席確認ミラー」を
全車に標準装備。
走行中でも後席の様子を一目で確認できるようになっている。
奥さんとお子さんがクチをあけて眠りこけている姿が丸見えです^^
新 VOXY(ヴォクシー)のCMです。
VOXY(ヴォクシー)はこんなステキなパパに似合うよね。

Copyright © 2007 新ヴォクシー・VOXY